ミクログ

これは使える!?便利に役立つことを楽しく発信していきます♪

*

Excelのステータスバーで関数いらず??

      2015/09/04

前回はファンクションキーの活用方法についてみていきました。

今回は意外と知らない?!Excelのステータスバーについてみていきます。

どんなときに使えるかというと、

「A1」セルと「B2」セルの合計値が知りたい!

「A1」から「A10」までの合計値が知りたい!ということよくありますよね。

上記の様に結果の値をセルにのせる必要があれば、もちろん「SUM関数」を使ってすぐに求めることができますよね。

今回の場合は結果の値をセルにのせる必要がなく、合計値が知りたいときにステータスバーで瞬時に合計値を確認することができます。

合計値が知りたい箇所を選択して、ステータスバーで情報を得る!

ステータスバーとは、ウィンドウの最下部に表示される領域のことで、現在選択中の情報が表示されます。

たとえば、下図の様に福岡店を除いた、3店舗の合計金額が知りたいと思ったら、

「D3」セルから「D5」セルまで選択します。

そうすると、画面右下あたりに【合計:600,400】と表示されます。

ここの場所が「ステータスバー」です。

これならすぐに、電卓を取り出さなくても合計値を確認することができますね♪

 

7

Excel 2013では、既定で「平均」「データの個数」「合計」が表示されるようになっています。

ステータスバーを右クリックして、「ステータスバーのユーザー設定」リストより、項目をクリックして

ステータスバーにのせる情報をカスタマイズすることが可能です。

是非、活用してみてください♪

pc_1_r6_c13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - ☆時短テクニック☆ ワード・エクセル特集