ミクログ

これは使える!?便利に役立つことを楽しく発信していきます♪

*

【13】絞り込んで検索した方が見つけやすい?!

   

今回は弥生会計の検索機能についてご紹介します。

例えば、これまでに入力した1000件の取引の中から、

「10月27日の交際費の金額を確認したい」という場合、弥生会計では2つの方法を使って検索することが出来ます。

複数の条件で探したいときは [F3]検索ボタンです。

仕訳日記帳を開けて、[F3]検索ボタンを押します。10275

そうすると下図の画面が出てくるので、検索条件を入力します。102711

あとは[OK]ボタンを押すだけで、該当する仕訳を探しだすことができます。

条件を増やしたい場合は、再度[F3]を押すと先ほど検索条件として入力した内容が残っているので、他の条件を入力して検索条件を追加していきます。

[F3]検索機能を使うときに間違った使い方をよくしてしまうことがあります。

「条件名」に検索ワードを入力してしまう使い方は間違っています。

1027188888
上図の「条件名」の欄に、「交際費」とか「1000円」などの検索キーワードを入力してしまうという間違った使い方が見受けられますが、この欄は検索条件として保存をしたタイトルを入力する欄なので間違わないように気をつけてください。

もう一つの検索方法は、

少数の条件でピンポイントで探したいときは「絞り込み機能」!!

例えば、「10月27日の取引を探したい」

こういった場合は、「絞り込み機能」を使って瞬時に該当の仕訳を探し出すことが出来ます。

仕訳日記帳を開けて、「絞り込み機能を使う」にチェックを入れます。1027155

オレンジ色のフィルターが出てきます。

各項目のフィルターの中に検索条件を入れます。

今回であれば日付欄に「10月27日」といれて[Enter]キーを押します。107258

画面右下を見逃さないでください。

10277778

絞り込み件数 1と表示されます。1件ヒットしました。

ですが画面上には仕訳が表示されていない。

これは隠れているだけですので、上下のスクロールバーで抽出した仕訳を表示させます。10271523888

これで簡単に探し出すことが出来ました。ピンポイントで探したいときには非常に便利です!!

少数の条件で探したいときは「絞り込み機能」、複数の条件で探すときは「[F3]検索」と

状況によって使い分けてみてください♪

最後にもう一つ注意!! 入力した仕訳を探すときはすべての取引が転記される「仕訳日記帳」より検索をかけるようにしてください。

 

 

 - もっと便利にかしこく使おう!弥生会計