ミクログ

これは使える!?便利に役立つことを楽しく発信していきます♪

*

【15】補助科目の入力漏れを防ぐためにやっておきたい2つのこと

   

今回は登録した補助科目の入力漏れを防ぐためにやっておきたい設定をみていきます。

まず、補助科目の登録方法については過去の記事を参考にしてください。

帳簿や伝票で取引を入力する際、下図のように補助科目を選択しておかないと銀行ごとの残高がずれてきてしまい正しい金額を把握することができなくなります。11022224

ですので、あらかじめ登録した補助科目の入力が漏れないように、やっておきたい設定を2つご紹介します。

まずは環境設定で補助科目のリストが自動表示されるようにしておく

[導入]カテゴリ → [環境設定]を押します。11027

この「環境設定」は弥生会計の操作についての各種設定を行うことができます。

「選択」タブに切り替えて、補助科目欄の「帳簿・伝票で選択リストを自動表示」にチェックを入れておきます。

※初期値ではチェックが入っています。1102558上図の設定をすることによって、預金出納帳や振替伝票で取引を入力をする際、補助科目が登録されてある勘定科目については自動で補助科目のリストが表示されるようになりますので入力漏れを防ぐことが出来ます。11022224

しかし、自動で補助科目が表示されたとしても、補助科目をきちんと選択しないといけません。

もちろん補助科目を選択しないまま入力を進めていくことが出来ますので、慌てて入力をしていたり、操作に慣れてきて無意識に入力作業を行っていたら、補助科目の入力漏れを気づかないことも出てきてしまいます。116999999

ちなみに、上図のように補助科目を選択せずに登録した場合どのように集計されるかというと、

メニューバー[集計]より[補助残高一覧表]→[月次期間]をクリックします。

勘定科目は「普通預金」を選択します。

補助科目を選択しなかったものは【指定なし】の欄に集計されます。110200009こういったことにならないように、、、、

「補助科目が選択されていません」と登録前にお知らせが表示されるように設定をしておく

もう一つの設定として、補助科目を選択せずに登録をすると「補助科目が選択されていません」と表示されたら、登録前に入力漏れを防ぐことが出来るのでセーフです。

これは「科目設定」の画面で行います。

[導入]カテゴリ → [科目設定]をクリックします。1102213

補助科目が登録されてある勘定科目を選択して[F7]編集ボタンを押します。

今回は「普通預金」ですね。

「補助必須」欄にチェックを入れて[OK]ボタンを押します。
2217

この設定をすることによって、補助科目を選択せずに入力を進めていき、116999999

登録ボタンを押したら、下図の画面が出てくるので登録前に入力漏れだということに気づくことが出来ます。2220

万が一に備えて、まだ操作になれない方、不安な方は是非設定してみてください♪

 - もっと便利にかしこく使おう!弥生会計