ミクログ

これは使える!?便利に役立つことを楽しく発信していきます♪

*

【21】知らないと損をする!? 伝票をまるごとコピーする方法

   

今回は弥生会計で伝票入力をする際に、絶対に知っておきたい機能をご紹介します。

1年間通して取引内容をみてみると、だいたい発生する取引は毎月一緒ですよね。

電気代やガス代、インターネットのプロバイダー料金、得意先に商品を売ったり、仕入先からモノを購入したり、、、

発生する取引はだいたい決まってきます。そんな時に役立つのがこの機能!

まるごとコピーで簡単入力!

例えば、毎月月末に引き落としがあるプロバイダー料金。

すでに入力済みの10月分があれば、今月分の11月分はコピー機能を使って瞬時に入力することが出来ます。

まずは入力済みの10月分を呼び出します。2152222

上図の振替伝票をコピーします。コピー元の伝票NOは9番になっていることを確認しておきます。

次にメニューバーの[編集]を押します。

表示されたメニューの中から、「伝票の複製」をクリックします。
2158

これでコピーが出来ました!!伝票NOをみると10番になっていますね。2201

あとは、必要に応じて日付、金額、摘要欄の修正を行って登録をします。

操作になれてきたら、ショートカットキーで実行してみてください! Ctrl+Rボタンで伝票の複製

この機能は頻繁に使います。その都度メニューバー[編集]ボタンを押して「伝票の複製」を押して、、とするのは面倒なので操作に慣れてきたら、Ctrl+Rで実行してみてください!

その時の注意事項は、、、

コピー操作をするときは慌てずに慎重に… そしてココに注目!

伝票のコピーをするときは、慎重に行うようにしてください。誤った操作をしてしまうとコピー元が上書きされて元々入力していた内容が分からなくなってしまい二度手間になることも・・・

そういったミスを防ぐためにも、コピーをする前はここに注目!!下図の赤い囲み線に注目!「振替伝票」のあとになにも表示されていないことを確認。コピー元は何も表示されません。
215222222

Ctrl+Rを押して伝票の複製を実行すると、「振替伝票」のあとに「新規作成」が表示されます。この表示でコピーが出来たと確認できます。2238888

ショートカットキーで操作するときは、必ず「新規作成」が表示されたことを確認してから、金額や日付などの内容の修正をするようにしてください。

コピー機能と辞書機能を知っていれば、弥生会計の入力は楽々と操作することが出来ます。是非試してみてください♪

 

 - もっと便利にかしこく使おう!弥生会計