ミクログ

これは使える!?便利に役立つことを楽しく発信していきます♪

*

【24】やよいの青色申告16 ライセンス認証方法

   

前回はやよいの青色申告16インストール方法についてみていきました。

今回はインストール後に行うライセンス認証について実際の画面で確認しましょう。

まずインストールが終わったら下図のように画面が表示されます。9

[完了]ボタンをクリックします。

次に表示されるのがライセンス認証の画面。

弥生製品を正しく使用できるようにするためにライセンス認証を行う必要があります。1台のパソコンに対して1つのライセンス番号が必要となります。

たとえば複数の担当者が1台のPCで弥生製品を使用する場合に必要なライセンスは1つ。複数のPCで使用する場合には、インストールするPCの台数分のライセンスが必要となります。

このライセンス認証はインストールしてから30日以内に行うようにしてください。

30日経過してしまうと弥生会計が使用できなくなります。インストール後すぐに行っておいた方が良いですね。

「ライセンス認証を開始する」をクリックして「弥生製品登録番号」を入力します。10

ライセンス認証時に必要な「弥生製品登録番号」が記載されてある用紙は製品と同梱されています。11

用紙に記載されてある「弥生製品登録番号」を入力して、製品の入手方法を選択します。12次に「製品シリアル番号」を入力します。

入力が終わったら、「処理を開始する」ボタンが表示されます。このボタンをクリックするとライセンス認証が行なわれます。13

下図の画面が表示されたら、ライセンス認証は完了です。14

これでインストールした弥生製品を使用することが出来ます。

パソコンを新たに買い替えて弥生製品を新しいパソコンにインストールをする場合は、旧パソコンの弥生製品をアンインストールする前にライセンス認証解除を行うようにしてください。

次はユーザー登録についてみていきます。

 - もっと便利にかしこく使おう!弥生会計